忍者ブログ
Take@管理人が、知ったかぶりのテレビ番組批評やとりとめもなく面白くもない日記などを書く、オタク臭さ全開のくどい不定期更新ページ(泣)
[547]  [546]  [545]  [544]  [543]  [542]  [541]  [540]  [539]  [538]  [537
 買い物で200円損したぐらいで死にたくなる幼稚な思考回路はどうにかならんもんかね!?

 なんかあまりの成長の無さに、自己嫌悪に陥るなぁ…
 おまけにケチっぷりが尋常じゃないし。

 事の発端の200円の損というのは、電車の切符のことなのですが…

 ようやく帰郷できるヒマができたから、電車で帰ろうとしたのですよ。
 普段だったら阪急と地下鉄とJRを乗り継いで帰って旅費を浮かすのですが、何の気の迷いか

「せっかく三宮に居るんだから、新快速で直通で行けた方がずっと座れて楽だよな」

という贅沢心が働いて、JR一本で帰ることに何となく決めてしまったのです。

 で、そのまま買ったらバカ高いから、金券ショップでいくらか安いのを無け無しの金を払って購入したのですよ。スカンピン。
 んで、よく確認すりゃいいのに、金出して切符3枚渡されたらとっとと店を後にしてしまって、で三ノ宮駅に着いてから切符をよく見たら「神戸→米原」
 おおう、始発と終着駅が一駅ずつズレてるじゃん!その分、余計に金払ってるじゃねぇか!
 でもまぁ、金券ショップで買ったんだから当然か、とわざわざ買い戻しに行っていた足を返して再び三ノ宮駅に戻りましたわ。

 ところがいざ切符を自動改札につっこむ段になって、「はっ! 金券ショップの自販機に、今持ってるのより安い三ノ宮→京都の切符があったじゃねぇか! それを使って京都→彦根間は通常料金で払っても、今支払った分よりも安く済むじゃん!」と思い付いたのですが、時既に遅し、切符は無情にも既に自動改札機を通っていましたとさ。
 ああ、安く済ませるチャンスが…

 おまけに階段登りきったら、ちょうど新快速がドアを閉めた後で、乗り遅れ。
 そんな大したことでもないのに、損して気が立っていた私には、この上ないタイミングの悪さ
「まぁまぁ、15分したら次のが来るじゃないか」という至極常識的な論理で意味不明な怒りを抑え、おとなしく列車を待っていたのですが、何の因果か、その目的の新快速から「踏み切り停止ボタン」のために15分遅れになってしまい、徒労感から絶望思考物質倍増

 いよいよと列車に飛び込んで死のうと思いましたが、賠償金の方が余計高くなるわ、と思って断念。
 こういうとき、極端なケチは役に立ちますな。

 でも楽をしたいと思って乗ったはずのJR新快速なのに、列車の遅れのせいで、全車両満員
 三ノ宮から京都まで延々と立ちっぱなしでしたよ。

 ああ、阪急使っていたら、こんなことにはならなかったかもしれない…


 で、まだ話の続きがあって
 折角新快速で乗り換えなしで帰れると思ったのに、能登川駅に到着した際に「彦根駅まで車で迎えに来てくれ」と電話して頼んだ時の母の返答。
「弟が南彦根で買い物してから帰りたいって言って降りたから、お前も南彦根で降りろ」
 …乗り換えなしで帰れると思ったのにー!
 彦根までの新快速停車駅はこの能登川駅なので、鈍行しか止まらない南彦根に降りるにはここで乗り換えるしかないのですよ。
 しかも、その命令を聞き終わった瞬間、プシューッと扉が閉まって、発進。

私「オカン……、残念ながら彦根まで迎えに来てもらうしかないようだ…」
弟「(電話を取り上げて)ハァ!? なんでじゃ!! 下りの電車で戻ってこんかい!! オレの買い物時間を潰す気か!!」
 ガチャ!
 ツー、ツー、ツー

 お陰で彦根駅前の寒空の下、1時間近く放置された私…
 またまたお前か、とんでもブラザー!!

 

 …ああ贅沢したいなんて思ったオレが浅はかだった…

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント一覧
[05/26 昇]
[05/26 昇]
[08/28 Take@管理人]
[01/07 Take@管理人]
[01/07 Take@管理人]
バックナンバー
参加コミュニティ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 彦根情報へ
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画制作へ

ブログ内検索
忍者ブログ [PR]