忍者ブログ
Take@管理人が、知ったかぶりのテレビ番組批評やとりとめもなく面白くもない日記などを書く、オタク臭さ全開のくどい不定期更新ページ(泣)

Siori_nograss_forblog.jpg


まー、ありがちな設定ということで。でも性格は変わらず能天気バカ(笑)

拍手

PR

 恥知らずというか、何というか…
 臆面もなく五年前、十年前に描いたものを出してきて「どうだ!」と踏ん反り返ってる、頭の常識ネジが何本かどうにかなってるTakeです(汗)

 なんでこんなことをやらかしちゃったか、と言えば、この話とキャラが個人的に好きなネタなんですよねぇ~
 ……自画自賛は絞首刑に値する、という言葉もありますが(鬱)
 でも、ページをカテゴリーとタイトル別で分散させてるせいで、各ページのコンテンツが薄くなっているので――特にオリジナルのページはバックグラウンドがない分だけいろんな意味で悲惨なので――その中でも特に『ばくまさ』はベースとなるマンガが貧弱なので――昔のネタにすがりたくもなるってモンだ。

 本当は、全面的に描き換えたかったんですけど、そこまでの時間はなくてねぇ…おかげで七年前のネタを考えなくほぼトレースですよ(恥) そして、「魚食ってるぅ!」ネタを見せたいがために、その後を七年前の原稿に任せる、と(恥)
 ならば、落書き同然の十年前のまで公開する必要はなかったんですが、今度は「死ねと申すか!」ネタが愛おしくて愛おしくて仕様がなくてねぇ(汗)

 この「85キロ」ネタというのが、一番最初のが1996年の落書帳に描いてあったもので、それ以降、1998年、2000年と、二年ごとに、連綿とリメイクしていってるということになる。
 アホだなぁ…(鬱)
 そしてそのどれもが、四コママンガを繋げただけのような、勢いだけの話で、この頃から既に構成力のなさを露呈しているという(泣)

拍手

Masa_in_May_forblog.jpg
鎧兜のデザインはかなりテキトー。鯉のぼりもかなりテキトー。構図もテキトー(オイ
イメージ映像につき、「ばくまさ」の世界観とは異なります。

拍手

Masa_with_Iyo_in_St2_forblog.jpg
△バレンタインデー当日
バレンタインデーが「女が男にチョコを贈る日」になってるのは日本だけ。
本家本元の欧米スタイルでは、単に好きな人(男女問わず)に贈り物をする日なんですよね。
それに従ってマサも伊代美に手作りクッキーのプレゼント。義理だけど(笑)
料理好きのマサにとっては手作りクッキーなど造作もない作業で。
本当は、自分のおやつにするために作って、余った分を包んで贈っただけだったりする(笑)

拍手

Masa_with_Iyo_in_St_forblog.jpg
△バレンタインデー近し…
変な色の塗り方にチャレンジして、見事失敗(汗)
しかも、結局アニメ塗りもどきがベースだし…

さてさて、「伊代美―(好き)→マサ」という設定を大発表!……って、ありがち?(笑)
もちろん「伊代美←(何とも思ってない)―マサ」という位置づけでございます(爆)
やったー! これでラブコメできるぜー!(←待て
ただし、「マサ―(狂愛)→甘菓子」という設定があるので、表面上、事がすんなり運んでしまうという(笑)

拍手

Masa_in_NewYearDay2005_notitle_forblog.jpg
△お正月だよ、全員集合!
主人公が一番目立たないというこの構図の悪さよ…(汗)

『ばくまさ』キャラの眼の描き方はマサの眼みたいなデザインだって決めてるんですけどねぇ、他のキャラの眼は最近の私の絵柄に準ずる眼の描き方になってしまった…(汗)
しかし、ペンタブ(ペン型マウス)初挑戦の絵なんで大目に見てください(←オイ

拍手

Masa_in_Christmas2004_forblog.jpg
△クリスマスの夜
マサの後ろでいちゃついてるのは、マサたちの保護者やらされてる岡田順市郎とマサたちの担任教師の浅間茜、 という設定。
他の少年はマサたちのクラスメイトで、奥が田中蘭悟、志織と一緒にいるのが寺田。

マサの服を10年前に思いついた当時そのままの色で塗ってみましたが、やっぱり配色がトンでもなく悪いよなぁ…(汗)
今でも色のセンスはそんなに変わってないんですけどね(笑)

拍手

1994年、日本政府の協力のもと、宇宙開発における無人の多目的任務遂行ロボットの開発をしていた民間会社ELICは完全自律人型ロボット「Master Automatic System Android」、通称「MASA」の完成に漕ぎつける。
しかし、MASAには人の命令に従うという基礎プログラムが欠如していたことが判明。
さらに、地球上のどの兵器よりも強い攻撃力を持つMASA自身が改良を拒否したので、人間の手で直接改造することは不可能。
それでもMASAを有効活用したい政府は、教育を受けさせることで基礎プログラムを植え付けられるのではないかと考え、MASAを学校に通わせることにする。
こうしてロボットと人間の奇妙かつ平凡なスクールライフが始まった。


For_Top_By_Masa1_forblog.jpg
△焼きいもの秋

このキャラクターたちを思いついてから今年でもう10年になるのかぁ…。
小学生時代のネタを今でも引っ張り続けてる私って相当なおバカだよなぁ…(笑)

それは置いといて、キャラ紹介。

左から順に
岡田正〈マサ〉、三浦守〈マモル〉、岡田志織〈シオリ〉、三浦伊代美〈イヨミ〉。
4人とも「MASA」=ロボットのくせに食い意地が張ってるという不思議設定(笑)
ドラえもんみたいに体内に融合炉積んでのか?…危険!

拍手

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント一覧
[05/26 昇]
[05/26 昇]
[08/28 Take@管理人]
[01/07 Take@管理人]
[01/07 Take@管理人]
バックナンバー
参加コミュニティ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 彦根情報へ
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画制作へ

ブログ内検索
忍者ブログ [PR]