忍者ブログ
Take@管理人が、知ったかぶりのテレビ番組批評やとりとめもなく面白くもない日記などを書く、オタク臭さ全開のくどい不定期更新ページ(泣)
[678]  [677]  [676]  [675]  [674]  [673]  [672]  [671]  [670]  [669]  [668
DoraLogo.gif 録画しといたヤツを遅ればせながら視聴。

 スペシャルとか前後編ではない、レギュラー放送では初めてであろうアニメオリジナル話。
 まだまだ原作のストックがあるのに、特に季節性も時事性もないオリジナルを出してくるのは謎。

 原作通りやってても視聴率右肩下がりなんで、オリジナル話で新鮮さを出して客を惹きたいという局側の考え?
 これで今回の視聴率が良かったら、オリジナル話ばかりになっていくのかな?
 今回はそれを見定めるための試金石だったりして…

 しかし、前々から言ってるけど、オリジナルをやりたいんなら脚本力を上げなければならないぞ、ここのスタッフ。
 大概のオリジナルが脚本段階で悲惨な出来になってるんだから。

 今回もオリジナルっぽさが丸分かり。
 偶然チョークを拾ったら落書き犯と間違えられる、というのは原作にあった導入だけど。

 ひみつ道具のダジャレネーミングはいいとしても、デザインがどーにもやる気もセンスも感じられない安っぽさがありありと出ているのが、オリジナルならでは。
 のび太の無実が証明された直後に、絶妙というにはあまりにも芸のないタイミングで都合よく真犯人が通りかかって、すぐにのび太が「救済」されるところなんか、出した伏線で大したドラマを作らずすぐに回収してしまうという、多くのオリジナルで見られる構成力のなさが露呈している。
 何の脈もなくジャイアンのリサイタルに突入してしまう唐突さもそう。おまけに、歌に関しては自信過剰なジャイアンが、なんで本音を聞きたいなんて思うのだろうか?…というキャラの動かし方についても。
 それにプラスして、ジャイアンが道具をブーメランにして観客全員に振り撒く様子なんて、荒唐無稽の度が越してるのもいいとこだし、「手っ取り早く、全員が道具の餌食になってもらわないと」という制作側の意図が透けて見え過ぎてるのがイヤ。
 そしてその後、延々と続くオーバーリアクション演出と、勢いだけで最後までリサイタル話で通してしまう強引すぎる展開。ここらへんも、全体が安っぽく見える原因なんだよなぁ…


 ただ、そんな欠点を抱えながら、「褒めと貶し、どっちにもとれる言葉を言えばウソをついたことにならない」という解決策は、「ウソ」を題材にしている短編としてのテーマ性が出ているように見えて、面白いと感じたし、鼻が伸びてしまったしずかちゃんとスネ夫に対する出木杉とジャイアンのリアクションも楽しかった。
 ここらへんの軸がしっかりしていたら、以降オリジナル作る場合でも踏ん張れるとは思うけど……

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント一覧
[05/26 昇]
[05/26 昇]
[08/28 Take@管理人]
[01/07 Take@管理人]
[01/07 Take@管理人]
バックナンバー
参加コミュニティ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 彦根情報へ
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画制作へ

ブログ内検索
忍者ブログ [PR]