忍者ブログ
Take@管理人が、知ったかぶりのテレビ番組批評やとりとめもなく面白くもない日記などを書く、オタク臭さ全開のくどい不定期更新ページ(泣)
[701]  [700]  [699]  [698]  [697]  [696]  [695]  [694]  [693]  [692]  [691
 ものすげぇテキスト文章芝居!!

 ゲームの文章、そのまま貼り付けてんじゃないのか!?

 そんな感じで、サブタイトル前と姉による風子回想のシーンは、セリフ量が多すぎて、進行が不自然なことこの上ない。
 それを助長するのが、一枚絵的な画面の動きの無さ(しかもロングショット気味だから動きが見えづらい)
 動かすことにはこだわる京アニとしては、意外な対応。
 今回は全体的に省力作画なんで、中休み回なのかな?

 ノベルゲームでやってる分には文章の多さも動きの無さ(というか動かないことが基本だ)も気にならないが、アニメでやれるとダレてるように見えるだけ。
 もうちょっと尺を取って余裕を持って、過剰なカット数も減らして、時折アップ気味の画を入れて動画で細かく顔芝居をさせる(=感情の動きを見せる)、などの工夫をすれば、このダレてるっぽさも解消される気もするが…
 全体的に駆け足気味だった印象があるから、工夫するには、使える尺が足りないのだろう。

 でも、その時間の無さのおかげで、全校生徒ズッコケやヒトデ感謝祭のギャグの部分は面白かったよ。

 そして、「風子はもう目覚めない」と聞かされる泣きのシーンでは、ツボを外さずに労力かけて効果的な演出をキメてみせるので、その「分かってる感」がなんか癪に障る(笑)

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
レビュー・評価:CLANNAD/第7話「星型の気持ち」
品質評価 28 / 萌え評価 39 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 9 / シリアス評価 18 / お色気評価 5 / 総合評価 18レビュー数 273 件 創立者祭にやってきた公子。やっと風子と公子があえると喜ぶ渚。 しかし公子の口からでた意外な言葉に、朋也と渚は凍りつく。 それはとても悲しい現実だった。そんな二人に公子は学校に風子がいるという噂を知っているかと尋ねる。
URL 2007/12/11(Tue)20:08:44
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント一覧
[05/26 昇]
[05/26 昇]
[08/28 Take@管理人]
[01/07 Take@管理人]
[01/07 Take@管理人]
バックナンバー
参加コミュニティ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 彦根情報へ
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画制作へ

ブログ内検索
忍者ブログ [PR]