忍者ブログ
Take@管理人が、知ったかぶりのテレビ番組批評やとりとめもなく面白くもない日記などを書く、オタク臭さ全開のくどい不定期更新ページ(泣)
[693]  [692]  [691]  [690]  [689]  [688]  [687]  [686]  [685]  [684]  [683
 「君たちが聖戦に参加するために、やらなければならないことがある。」

 パンパンパン

 幼少刹那、両親銃殺。



 うわああああ!!! なんじゃこりゃあああああ!!!

 本日は、せっちゃんのイっちゃてる度が果てしなく高まっております。

 かつての聖戦の指導者・サーシェスが、今ではAEUの傭兵となっていて、眼前で敵対していると悟り、それを確認すべくコックピットから出て直接姿晒したり。
 銃弾飛び交う戦場に生身で出てくるのも非常識だが、正体を知られてはいけないソレスタル・ビーイングの一員の行動としても危険極まりなく、軽薄。

 当然のごとく、「ぶたれ」て過ちを「修正」されるが、アムロやカミーユのように子どもっぽく反論・反撃して不満点を吐き出すわけでもなく、だんまり決め込んで自分の内に溜めてるから、タチが悪いなぁ~

 ガンダムマイスターとして選ばれた理由を示してほしいものだ、というティエリアに対しては、「俺の存在そのものが理由だ」とか、アイタタなことをのたまうし。

 ああ、主人公としての正当性がどんどん消えていく…



 そして、ソレスタル・ビーイングの武力介入に対する抗議として、東京他でテロ発生。オイオイ…
 なんちゅー、シャレにならん描写を…

 国家や企業ならば、政治的判断から武力行動を制限したりして、比較的穏便な部分もあるけれど、自らを正義と信じる純粋な思想が相手だと、そうした行動力のセーブを考えず、主張を通すことのみを考えるだけになってしまうから厄介。
 せっちゃんはテロリズムにも武力介入する意気込みだが、今後しばらくテロにまつわるエピソードが連続するとなると、しらみつぶし化とかいたちごっこ化して、さらに厳しい戦いになりそうだな。
 まぁ、ガンダムを追う者たちとのドラマの下地が出来上がり、盛り上がってきそうだから、まったくキャラ立てできない第三者との戦いを長々と描きはしないのかもしれないけど。



 そして次回は、3話目ぐらいからコツコツ活動してたマリナ嬢とせっちゃんとの邂逅。

 マリナは、姫様成分がカガリかラクスと互換があるキャラだと思うけど、石油枯渇で貧乏化した国を救うために行動してるっていう後ろ向きな姿勢が、カガリ・ラクスと全然違って、可哀相な部分だよなぁ~

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
レビュー・評価:機動戦士ガンダム00/第7話「報われぬ魂」
品質評価 15 / 萌え評価 42 / 燃え評価 8 / ギャグ評価 13 / シリアス評価 45 / お色気評価 13 / 総合評価 25レビュー数 284 件 第7話「報われぬ魂」のレビューです。
URL 2007/12/10(Mon)15:13:14
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント一覧
[05/26 昇]
[05/26 昇]
[08/28 Take@管理人]
[01/07 Take@管理人]
[01/07 Take@管理人]
バックナンバー
参加コミュニティ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 彦根情報へ
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画制作へ

ブログ内検索
忍者ブログ [PR]